3つ子退院に向けた合同カンファレンス

一昨日、合同カンファレンスがありました。

 

小児科医、訪問看護師、保健師、担当看護師、医療ソーシャルワーカーさんと、お話をして来ました。

 

話した内容

 

その1 〜3人の経過〜

医師「小さく生まれた分、未熟性が残るけど、特に問題なく育っていて、今は普通に産まれた赤ちゃんと変わらない状態。」

簡単に言うとこんな感じでした。

 

その2 〜3人と親の産まれてから今までの様子〜

担当看護師「お母さんが退院されて、ほぼ毎日のように通ってもらい、おっぱいやミルクをあげてくれた。

おっぱいを飲ます練習もしてくれて、今ではみんな上手に飲めるようになった。一番小さい子が一番飲むようになって、後の2人はミルクをよく飲む。

3人の体重も2人は3000gを超え、は1人は2400gになっており、一日、50gずつ増えてる。」

 

簡単に言うとこんな感じでした。

 

そこから訪問看護師と「訪問の初回をいつにするか、どのようなところに手伝いが欲しいのかなど具体的な話を決めないと行けないね。」

とのことでした。

保健師とは「他にも地域のサービスがあるので、どんなサービスがあるのか、どういったところに手を借りたいのか、金額や時間なども訪問した時に話できれば」とのことでした。

 

訪問看護師の訪問日は三太郎が退院した最初の月曜日に。

保健師さんは次の日の火曜日に決まりました。

 

顔合わせと訪問日が決まり、皆さんに三太郎に会ってもらうってことで、GCUに行きました。

 

自分たちの子だけ、多くの人に囲まれてました。他のお母さん、お父さん方は何事や!?って感じだったでしょうね・・・

 

お騒がせしてすみませんでしたm(_ _)m

 

そして、解散という流れでした!

 

合同カンファレンスは最初は嫌な感じでしたが、そんなことはなく、すごくありがたい取り組みと感じました。

病院と地域が連携してこういったつながりを作ってくれるのは親にとってすごくありがたい。

これがなければ訪問看護の存在も知らなかったし、色々頼れる存在が増えたってことで安心したなって感じです。

とはいえ、いずれは私たちとばぁば、じぃじなどで協力して生活をしないといけないので、家庭内でもしっかりコミュニケーションをとり、育てていかないとなとも思いました。

 

世の中にはこういったサービスやサポートを知らなくて苦しんでいる人もいるんだろうな、もっと認知されるようになればいいなと思います。

 

産後うつもそうですし、育児ノイローゼ、子供へのDV、不注意による悲報などいろいろな問題が最近、ニュースで取り上げられてます。

そういった問題が少しでも減るようにしていきたいです。

 

ほんとに命がけで子供を産んだお母さんがたは尊敬する存在です。

 

お母さん、産まれた子供さんの役に立てるようにカウンセラー、コーチングの資格取得を目指しています。

 

勉強していくと、気づかされることばかりです。気づいたことをまた報告できればと思います。

まずは三太郎が来週帰ってくるのでその準備をしっかりしておきます。

明日は3つ子の退院に向けた合同カンファレンス!

三太郎が生まれてきた時には 1697g 1515g 1365g でしたが、今では2800g 2700g 2300gとすくすく大きくなってます!!

 

3人のMRIの検査が終われば、もう退院してきます。

 

退院前にはママとばぁばで三太郎と同室し、お世話をするといったこともやってます。

平日の昼間ですがママだけで同室育児も行ったみたいで、看護師さんからは特に問題はないとのことでした。

 

実際に三太郎が帰ってきてから、娘もいるし、病院とは環境が違ってくるので、どうなるか・・・><

 

おむつとかおしりふきとかよく使うものは取り出しやすいようにしておくなどなど工夫をする必要がありそうですね!!

 

哺乳瓶の洗いや沐浴などやってあげて負担を減らしてあげればと思います。

 

 

明日の合同カンファレンスですが、医師と看護師、保健師訪問看護師さん達との話し合い。

 

実際、何を話し合いするかはよくわかってはいませんが、おそらく、退院後の生活、自分たちだけでは、難しいところが出てくるから自治体などと協力してみんなで育てていきましょう!!的な話し合いだと推測しています。

 

入院から出産後でよく看護師に家の準備は整ってきましたか?育てるときはどのように育てていきますか?お手伝いしてくれる人はいますが?自治体や保健師さんを利用してくださいね!

などなど、多く声をかけていただきました。

しかし、やけにしつこいなーって思ってて、最近、読んだネットニュースに産後うつで自殺する女性が増えているみたいで、社会的に問題になっているらしい。

 

っていう、ニュースを見てから、そーゆーことか!だから多く声をかけてもらってたんだな。

多胎児だからってのもあるけど、そーゆー問題もあるから今回の合同カンファレンスもあるんだな。と思いました。

 

自分たちに、おれの妻に限って、産後うつにはならない。私はそんなのならない。と思っていても、ならない保証はどこにもないし、なる可能性はあると思います。

 

産後うつになってる人の中には夫や母親からサポートを受けている女性も産後うつにかかっている人もいました。

 

だからサポートするだけじゃダメなんだなと思いました。ニュースを読んでいくと、心のケアが大事ってことと、言葉遣い。言葉の選択。

 

産後は女性ホルモンのバランスが崩れるから気持ちが不安定になりやすいみたいです。

 

夫婦の普段の話の中で軽い冗談や軽口などを言っても、攻撃的な言葉に受け取って傷つけてしますことがあるみたいです。

 

ふと振り返ると、普段言ってた言葉も「なんでそんな言い方するん?」と言われたことがしばしば。。。

 

だから、言葉のチョイス。伝え方などを気をつけないといけないですね。

 

あとは産後の生活スタイルに気をつけること。

スマホを触り過ぎるのは目を酷使するから良くないですね。。。。

 

時間が来たみたいなので、明日の合同カンファレンスが終わったらその内容を伝えればと思います。

 

1姫3太郎日記始めました。

突然ですが、8月23日に3つ子が産まれ、一気に4児のパパになりました。

 

4人の子供のパパになった気持ち準備、生活、成長など伝え、私が発信する情報が参考、お役に立てれればと思います。

 

今回は、3太郎(3つ子のこと)がもう時期帰ってくるので、部屋の準備について話させていただきます。(ちょっと愚痴っぽくなるかもしれません)

 

現在、私、妻、娘は妻の実家でお世話になっています。三太郎が産まれ、退院してから妻のお母さんが近くにおってくれた方が安心だからってことで、妻の実家でお世話になってます。

 

そして、三太郎の部屋の準備をそろそろ進めていかないといけないのですが、その部屋はテーブルやテレビ、服、洗濯物などで溢れかえってます。。。

 

私は少しずつ、その状況を改善したいと思って、いらない物や袋、ダンボールなど片付けているのですが、なかなか減らず。

 

テレビやテーブルなどは違う部屋に持っていきたいのですが、違う部屋も片付けないと置く場所がない。

 

全部、私がやってもいいのですが、妻の実家="他人の家"ですから、無闇に私が片付けても行けないなと思いつつ、何も出来ないままになってます。

 

ホコリとかも溜まってるだろうし、三太郎のタンスとかも買って服の整理もしたいですし、なかなか思うように準備が捗りません。

 

妻からお母さんに話をしても来週片付けてって感じだったので、今週は手付かず。

 

あんまり、協力的ではないのか、歓迎されてないのか、よく分かりません。

 

できれば私が子育てを手伝えれば一番いいのですが、仕事もあるのでそーゆーわけにはいきません。↪︎在宅でできる仕事も検討してますがなかなか。

 

妻が頑張りすぎて産後うつにならなければと思いつつ、もっと協力的になって貰えればなと思いつつ、今日という日を過ごしております。

 

 

3つ子ママさん、パパさんまたは4人のお子さんを持つママさんパパさん方はどのような準備、生活を送ってらっしゃるのかご教示していただければと思います。